テトたちのにっきちょう

テト・ペンタ・ヘキサの3人組によるゆるふわ系ブログ

MENU

【関東から日帰り】軽井沢と草津をめぐるドライブ旅行〜碓氷峠・旧軽銀座・白糸の滝・湯畑・大滝の湯をオタクが巡る〜

スポンサーリンク

こんにちは。ヘキサです。

 

今回は、レンタカーを借りて、日帰りで軽井沢と草津をめぐる旅をしてきました!

 

関東圏から日帰りでドライブしてどこかに旅行に行きたいなぁと考えている人や軽井沢、草津での観光を考えている人の参考になれば嬉しいです。

 

※検温や消毒などを行い、現地の感染対策に従って旅行しています。

 

 

この記事を読んで分かること

 

【登場人物】

ヘキサ:当記事の筆者。草津や軽井沢をめぐる旅はこれまでも何度かしている。行きのドライブは意気揚々と運転するが、帰りはばたんきゅーしていた。

アルト:ヘキサの友人1。機運で動画の撮影をしたコラボカフェに誘ったりする超機運勢。今回もレンタカーでドライブの機運と言い出した張本人。しかし目的地やプランなどは全てヘキサに丸投げしていた。

おいかぜ:ヘキサの友人2。せっかくの夏休みなので遊びたいと思ってヘキサに声をかけてくれた。筋金入りのアイマスPで、多くのアイマスライブに参戦しており、過去にはヘキサを初星演舞に連れて行ってくれた

 

 

 

車で軽井沢まで行く

レンタカーを借りる

志木駅に集合し、ニッポンレンタカーの志木営業所で車を借りました。

 

ニッポンレンタカー志木営業所基本情報】

所在地:埼玉県志木市幸町1-4-24

営業時間:7:00~21:00

アクセス:東武東上線志木駅南口より徒歩3分

公式ホームページ:ニッポンレンタカー志木 | ニッポンレンタカー営業所検索

 

 

今回借りた車はVitsです。

長崎に旅行した時はVitsハイブリッドでしたが、今回はガソリン車のVitsです。

 

tetragon64.hatenablog.jp

 

志木駅をレンタカーの拠点としたのは、今回のルートが関越道方面のルートだったこと、お盆休みの時期で首都高の混雑が予想されたことから、首都高を避けて、所沢ICから関越道を利用することを想定して選びました。

本当は新座駅の方が良かったのですが、新座駅にレンタカー屋さんがあまり見当たらなかったので諦めました。

 

レンタカーを借りる手続きを済ませ、ナビを設定し、車を動かします。

 

レンタカーを動かす瞬間がとても緊張しますね。

普段運転しない車種で、運転席の位置も違うし、ミラーの設定や座席の設定などもいいポジションが定まっていない段階で車を動かし始めるので、感覚がズレていないか、ぶつけたりしないかヒヤヒヤします。

 

少しずつ歩を進めながら、慣らしていき、予定通り所沢ICから関越道に乗り、まずは軽井沢を目指します。

せっかくカーオーディオが付いているし、何か音楽かけてよ。

普段から運転するときにはアイマスかけることが多いんだよね。

懐かしいなぁ!めっちゃいいね♪

♪スリルのない愛なんて〜興味あるわけないじゃない〜♪

3人とも765AS分かって歌ってるのマジでアイマス老人会だな。

俺たちの青春だもんな

※脚注:この3人は同じ学校の同級生で、アイマス765プロALLSTARS(以下:765AS)にハマっていたという共通の趣味があって仲良しでした。

 

今では3人とも社会人になってしまいましたが、学生時代にタイムスリップしたような感覚になりました。

良き時代だったなぁ……(詠嘆)

 

 

余談ですが、ヘキサが当ブログの企画でペンタにアイマスASを聞かせたこともありました。

tetragon64.hatenablog.jp

 

 

碓氷峠旧道

めがね橋

軽井沢を目指す一行ですが、関越道から上信越道に入って、本来なら碓氷軽井沢ICで降りるのが最短経路です。

 

しかし、オタクが集まると、やはり頭文字Dの聖地の1つである碓氷峠旧道に行きたくなります。

今回の旅の目的がドライブですから、車を走らせることに意義があるわけです。

 

ということで、碓氷軽井沢ICの一つ前の松井田妙義ICで降りて、そこから碓氷峠旧道を目指して下道を走ります。

 

道は少しずつ勾配を増していき、カーブも増え、車は碓氷峠旧道に差し掛かりました!

f:id:tetragon64:20210814113837j:plain

車内から撮影した碓氷峠旧道の様子

碓氷峠が始まるね。

おおおおお!頭文字Dで見たことある!

 

オタクの聖地巡礼の時の「アニメで見たことある」という謎の感動は何なのでしょうね?めちゃくちゃ興奮するけど。

 

碓氷峠旧道を登っていくと、この度1つ目の目的地に到着!

 

めがね橋です!

f:id:tetragon64:20210813194459j:plain

めがね橋(碓氷第三橋梁)

【めがね橋(碓氷第三橋梁)基本情報】

所在地: 群馬県安中市松井田町坂本

営業時間:終日開放、ただしトンネル内照明は7:00〜18:00

 

正確には碓氷第三橋梁という鉄道橋です。

 

元々は信越本線の横川駅と軽井沢駅の間をアプト式鉄道で結んでいた時代に使われていた橋の1つで、レンガ造りの4連アーチ橋です。

すげー!迫力がある!

昔の人はよくこんな大きな橋をレンガで作ったよな。

ほんとすごいと思う。

 

めがね橋の下をくぐると、上に登れそうな道がありました。

f:id:tetragon64:20210813194943j:plain

反対側から見ためがね橋

f:id:tetragon64:20210813195130j:plain

アプトの道につながる階段

この先もあるっぽいね。

せっかくだし登ろうぜ。

 

ということで、登ったら、めがね橋の上に来ることができました。

f:id:tetragon64:20210813195342j:plain

めがね橋の上に来た

現在はめがね橋を含め、横川駅付近碓氷峠の麓から、アプト式鉄道の時代に使われていた旧線を整備し、アプトの道として歩くことができます。

f:id:tetragon64:20210813195437j:plain

めがね橋の上から見た碓氷峠旧道

あっ!クワガタがいる!

 

f:id:tetragon64:20210814111525j:plain

橋の上のクワガタムシ

よく見つけたな!

他の人に踏まれると可哀想だから自然に返してあげよう

おいかぜ氏がおもむろにクワガタを持ち上げて、近くの木にそっと返してあげました。

なんと慈悲深い人なんだ!俺ならスルーしちゃうね。

 

 

熊ノ平駅まで散策

せっかくめがね橋の上に登り、アプトの道にきたので、日頃の運動不足解消も兼ねて、めがね橋の上から熊ノ平駅まで歩いてみることにしました。

f:id:tetragon64:20210813195826j:plain

いざめがね橋からトンネルに入ってみる

トンネルに入ると遊歩道として灯りは付いていますが、薄暗い雰囲気の中を進んでいきます。

 

トンネルの薄暗い雰囲気とアルト氏のファッションが絶妙に噛み合って、RPG系のゲームの洞窟ダンジョンで遭遇する魔法使いか悪魔みたいな敵キャラっぽい。

f:id:tetragon64:20210814111014j:plain

洞窟の中の魔法使いアルト

トンネルを抜けて外に出たと思ったら、またすぐ次のトンネルが始まります。

f:id:tetragon64:20210814111407j:plain

トンネルの先にはまたトンネル

当時の信越本線はこんなところを登ったり降ったりしていたんですね。

トンネルが明けたらどうなる?

知らんのか?トンネルが始まる

f:id:tetragon64:20210814111059j:plain

トンネルが明けるとどうなる?

薄暗い雰囲気にずっと続く上り坂、1人なら絶対心が折れますね。今回は3人でおしゃべりしながら進んでいるので楽しく歩くことができました。

765ASのオタクが揃っているから完全にアイマス老人会だよな。

アイマス老人会というかインターネット老人会じゃね?

♪かも〜ねかもねミラクルかもね〜♪

♪てぇ〜んしのスプーンで掬ったらぁ〜♪

味楽る!ミミカ ナンバーワン

味楽る!ミミカ ナンバーワン

  • ウタぴょん
  • アニメ
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

懐かしいな!風評被害の「バラライカ」もあったなぁ

♪やらないか〜や〜らないか〜♪(以後自主規制)

完全にインターネット老人会だな(笑)

 

インターネットの老人たちがうだうだ話しながらアプトの道を歩いて約20分、熊ノ平駅に到着しました!

f:id:tetragon64:20210814112408j:plain

旧熊ノ平駅前のトンネル

【旧熊ノ平駅基本情報】

所在地:群馬県安中市松井田町坂本

 

f:id:tetragon64:20210814112606j:plain

旧熊ノ平駅ではしゃぐヘキサ

おおおおお!すげー!

素晴らしい雰囲気だな!

はぁ…はぁ…疲れたわ……

当時のまま残っている雰囲気にとても感動します。

熊ノ平神社もありました。

f:id:tetragon64:20210814112709j:plain

熊ノ平神社の様子

トンネルを抜けたところから駅の中央付近まで歩いてみます。

f:id:tetragon64:20210814113330j:plain

駅中央付近まで歩いてみた

駅の中央付近にはアプト式開通の碑がありました。

f:id:tetragon64:20210814112812j:plain

アプト式開通の碑

熊ノ平駅がどういった施設だったのかを説明する看板もありました。

この辺りから見てると、ポケモンスペシャルミュージックビデオ「GOTCHA!」に出てくる線路の風景と似てるね。

f:id:tetragon64:20210814112901j:plain

旧熊ノ平駅付近の様子

たしかに!ちょっと確かめてみよう!

ということで、その場で映像を確認してみました。

f:id:tetragon64:20210814112932p:plain

「GOTCHA!」の該当シーン

引用:https://www.youtube.com/watch?v=BoZ0Zwab6Oc

 

相変わらずPVが良すぎるんだよなぁ。

でも、思ったよりあまり似ていなかったわ。

でも雰囲気はめっちゃ分かる。

 

旧熊ノ平駅をひとしきり楽しんだら、再びアプトの道を歩いて戻り、めがね橋の駐車場から車に乗り込み、碓氷峠旧道を進んでいきました。

 

ちなみに、ヘキサたちはめがね橋から歩いて旧熊ノ平駅まで歩いてきましたが、旧熊ノ平駅の近くにも駐車場があるので、そこまで車で来たほうが時間短縮にもなり、体力も温存できます

この点はヘキサたちは事前のリサーチ不足で、今回の旅で後から振り返ってしくじった部分です。

まあいい運動にはなったよ。

 

 

頭文字Dをなぞって進む

めがね橋の駐車場に戻り、そこから車を進め、軽井沢を目指します。

ここからは頭文字Dにあやかって、ユーロビートの楽曲を車内に流します。

Night of Fire

Night of Fire

  • Niko
  • ダンス
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

雰囲気にめちゃくちゃ似合うなぁ!!

 

速度制限を守った安全運転ではありますが、車の中の雰囲気はめちゃくちゃカーチェイスのようなテンションになっていました。

 

碓氷峠が舞台となっている頭文字Dの名シーンといえば、藤原拓海と佐藤真子、沙雪が碓氷峠チェイスするシーンでしょう。

この時にかかっていた楽曲「Emotional Fire」もかなり印象的です。

Emotional Fire (Extended Mix)

Emotional Fire (Extended Mix)

  • DENISE
  • ダンス
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 

「もうすぐC121だからね。勝負をかけるよ」というセリフでも登場したC121。

碓氷峠旧道にはカーブにナンバリングがされており、カーブ1から数字が割り当てられています。

 

あったぁぁああああ!C121!!!

f:id:tetragon64:20210814113658j:plain

カーブ121

 

ってかそもそも、アニメでは軽井沢方面から横川方面に向かう下り道、いわゆるダウンヒルですが、今回のドライブでは横川方面から軽井沢方面に向かう上り道、いわゆるヒルクライムですので、アニメの再現ではないですし雰囲気を楽しんでいるだけです。

 

その後もうねうねした碓氷峠旧道をユーロビート楽曲とともに安全運転で駆け上り、軽井沢を目指しました。

 

 

軽井沢観光

旧軽井沢銀座を散策

県境の長い碓氷峠旧道を抜けるとそこは軽井沢であった。(byヘキサ端康成)

 

旧軽井沢銀座近くの駐車場に止めて、ランチの場所を見つけるべく散策をしました。

f:id:tetragon64:20210814114410j:plain

旧軽井沢銀座の様子

旧軽井沢銀座基本情報】

商工会所在地:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢878

公式ホームページ:軽井沢銀座商会のウェブサイト

 

 

旧軽井沢銀座には多くのお店があり、どこもとても美味しそうなので迷ってしまいますね。

f:id:tetragon64:20210814114656j:plain

有名なミカドコーヒー。今回はスルー

f:id:tetragon64:20210814115920j:plain

信州和牛専門店まる牛の様子。今回はスルー

ランチも食べたいし食べ歩きもしたいし、お土産も買いたいしぶらぶらしたいしとたくさんのワクワクにあふれていますね。

 

まずは一通り奥までお店を見てから良さげなお店を探します。

 

 

ちもと総本店

ということで見つけました!

f:id:tetragon64:20210814114919j:plain

ちもと総本店の様子

【ちもと総本店軽井沢本店基本情報】

所在地:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢691-4

営業時間:10:00~18:00

定休日:夏は無休、冬は不定

 

今回はちもと総本店でお蕎麦をいただきます。

 

軽井沢は信州ですから信州そばですよね!

何にしようか迷うなぁ……

こういう時は一番高いものを頼んだらいいとじっちゃんが言ってた。

 

おいかぜは颯爽と天ぷらそばを頼みました。

f:id:tetragon64:20210814115042j:plain

天ぷらそば

さすが社会人パワーだぜ。

 

まあヘキサは美味しそうだったのできつねそばを頼みました。

f:id:tetragon64:20210814115148j:plain

きつねそば

アルトは月見そばを頼んでいました。

f:id:tetragon64:20210814115122j:plain

月見そば

いただきます!

 

うまい!!!

 

味はもちろんですが、蕎麦の香りが美味しいですね!!

疲れた体を休ませ、お腹を満たしたら再び旧軽井沢銀座のパトロールに向かいます。

 

 

腸詰屋

続いて見つけたのはこちら!

腸詰屋!

f:id:tetragon64:20210814115423j:plain

腸詰屋の様子

【腸詰屋銀座中央店基本情報】

所在地:長野県北佐久郡軽井沢町565

営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜定休(GW、夏休み無休)、冬季休業有

公式ホームページ:腸詰屋 | 腸詰屋の手作りハム・ソーセージ・サラミは国内産の豚肉や牛肉を使用した安全でおいしい品々です。

 

 

迫力があって美味しそうなソーセージに惹かれて入りました。

 

店内に入ると、店内で食べたり食べ歩きしたりするためにその場で食べるシーセージをパンに挟んだものを売っている場所と、お土産用に真空パックされたソーセージを売っている場所がありました。

今回は食べ歩きのために、フランクを買いました。

f:id:tetragon64:20210814115549j:plain

腸詰屋とフランク

他にもプレーンやカレーなど、さまざまなソーセージの種類がありました。

 

いただきます!

 

うまい!!!

 

肉肉しいソーセージとパンの相性が最高!!

食べ応えがあって素晴らしいですね!

 

 

ジェラテリアフルッティ

街ブラ最後はデザートで締めたいので、ジェラート屋さんに来ました。

今回お邪魔したのは手作りジェラートのお店フルッティです。

 

ジェラテリアフルッティ基本情報】

所在地:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1-1

営業時間:10:00~ジェラート終了まで(18:00頃)

定休日:不定

 

ここではフルーツから手作りしたジェラートを販売しています。

ここでは、シャインマスカットとイチゴを選びました。

f:id:tetragon64:20210814120150j:plain

フルッティの様子と購入したジェラート

シャインマスカットは+100円と高級でしたが、せっかくなので食べました。

 

いただきます!

 

う〜〜〜〜ん♡

幸せすぎる〜〜〜!!!

 

フルーツの味がそのままで加工品とは違うフルーティーな香りと味が口の中に広がります!

おいかぜ氏もジェラートを食べていました!

f:id:tetragon64:20210814120848j:plain

おいかぜ氏もジェラートを注文していた

コーンとカップが選択できるのも魅力ですよね!

 

幸せを噛み締めて車に乗り、次の目的地に向かいます。

 

 

白糸の滝

旧軽井沢銀座から車を走らせて、白糸の滝を目指します。

軽井沢の市街地から少し入ると森の中に囲まれた別荘地帯が広がります。

 

 

そんな軽井沢の街を抜けると、白糸ハイランドウェイに入っていきます。

f:id:tetragon64:20210814121018j:plain

車内から撮影した白糸ハイランドウェイの様子

 

【白糸ハイランドウェイ基本情報】

通行料:普通・軽自動車500円

公式ホームページ:白糸ハイランドウェイ | 軽井沢観光 標高1,400mへのウエルネスロード | 旧軽井沢から北軽井沢・草津温泉へぬける白糸ハイランドウェイ。料金やアクセスのほか周辺の軽井沢観光マップなどをご紹介します。

 

白糸ハイランドウェイは全長約10kmの森の道で、その途中に白糸の滝もあります。

 

この後の草津に向かうためにも使えるし、気持ちのいい森の中を駆け抜けていくドライブ感あふれる道ですし、今回みたいなドライブの旅ではぜひ通りたい道ですね!

 

美しい景色を見ながらドライブしていると、白糸の滝に到着しました!

駐車場に車を止めて、白糸の滝を見に行きます。

 

【白糸の滝基本情報】

所在地:長野県北佐久郡軽井沢町長倉

駐車場:20メートル位にわたって、路肩に止めるスペースあり。(無料)

 

f:id:tetragon64:20210814121219j:plain

白糸ハイランドウェイの道沿いにある白糸の滝の駐車場

f:id:tetragon64:20210814121440j:plain

白糸の滝入り口に佇む竈門炭治郎と竈門禰󠄀豆子

標高も高く、周りを木に囲まれて、横に白糸の滝から流れでた川が流れていることもあって、めちゃくちゃ涼しい!

f:id:tetragon64:20210814121735j:plain

入り口から川沿いに進んでいく

八月中旬とは思えないくらい涼しい気温と川のせせらぎで、肌も耳も涼しく感じます。

さすが日本有数の避暑地!

f:id:tetragon64:20210814122013j:plain

そろそろ白糸の滝が見えてくる?

そして150mくらい川を辿っていくとありました白糸の滝!

f:id:tetragon64:20210814122148j:plain

白糸の滝

f:id:tetragon64:20210814122122j:plain

白糸の滝の様子

おおおおお!!!

 

きれい!!!

 

そして

涼しいいい!!!

 

 

山から出た湧き水が勢いよく下へ落ちていく様子が本当に無数の白い糸のように見えます!

f:id:tetragon64:20210814122427j:plain

端っこからも勢いよく流れている

素晴らしい!!!

いい景色ですね!

 

もちろん観光客なのでね。観光客らしいこともしますよ。

f:id:tetragon64:20210814122641j:plain

白糸の滝の看板と記念撮影

f:id:tetragon64:20210814154447j:plain

白糸の滝の全体の様子とヘキサ

帰り道、とても大きくえぐれている山肌と滑り落ちたのであろう倒木がありました。

f:id:tetragon64:20210814154543j:plain

途中にあった倒木

少し前の大雨が原因なのかな?自然の怖さを感じました。

 

ヘキサ一行は白糸の滝を後にして、再び車に乗り込み、草津を目指して白糸ハイランドウェイを進みました。

白糸ハイランドウェイを抜けると、次は鬼押ハイウェイに入ります。

f:id:tetragon64:20210814154947j:plain

車窓から見えた鬼押ハイウェイの様子

ここは浅間山が作り出した火山の姿を見ることができる道になります。

途中には鬼押し出し園があり、浅間山が作り出した独特な世界を楽しむことができるのですが、今回は時間がないのでスルーしました。

f:id:tetragon64:20210814154858j:plain

車窓から見えた鬼押し出しの様子

車窓からも楽しめたので、走っているだけでも楽しかったです!

f:id:tetragon64:20210814155028j:plain

気持ちいい車窓

鬼押ハイウェイや万座ハイウェイを抜けると、万座・鹿沢口駅付近に出てきて、そこから草津に向けて再び山登りのドライブです。

 

 

草津観光

草津湯畑

白糸の滝から車を進めることおよそ50分、大滝乃湯の駐車場に着きました。

今回はここに車を止めて、草津の湯畑を巡ってから大滝の湯に入りたいと思います。

f:id:tetragon64:20210814155316j:plain

草津っぽい昔ながらの温泉街の雰囲気

まずは5分ほど歩いて草津の中心地でありメインの観光地である湯畑に来ました!

f:id:tetragon64:20210814155408j:plain

湯畑に来たぜ!

さすが湯畑!湧き出る温泉を冷ますための施設ですが、湧き出る温泉の量もすごく、迫力が凄まじいです!

f:id:tetragon64:20210814155744j:plain

湯畑の様子!音も匂いもすごい

f:id:tetragon64:20210814161306j:plain

湯畑にある湯もみの顔出しパネル

f:id:tetragon64:20210814161346j:plain

手洗いの湯が設置されていた!

f:id:tetragon64:20210814161407j:plain

湯畑全体の様子

湯畑では周辺をぶらぶらと歩いてお土産を買います。

 

今回は湯畑の周囲の通り沿いにある本家ちちやさんの温泉まんじゅうを買いました。

 

【本家ちちや湯畑店基本情報】

所在地: 群馬県吾妻郡草津町草津114

営業時間:8:00〜21:00

公式ホームページ:草津温泉の温泉まんじゅう 本家ちちや

 

 

f:id:tetragon64:20210814161443j:plain

本家ちちや外観

草津と言ったら温泉まんじゅうでしょ。

草津には温泉まんじゅうのお店がいくつもあり、ヘキサは何度も訪れています。

これまでの経験からだと、松むら饅頭の温泉まんじゅうが上品な味わいで美味しかったのですが、いつもそればかりで芸がなかったので、今回は本家ちちやさんにチャレンジしてみました。

 

今回は茶色いスタンダードな温泉まんじゅうと栗餡の入った白い温泉まんじゅうの2種類を楽しむことができるミックスの12個入りを購入しました。

 

そして、湯畑の雰囲気を楽しんで、目的の大滝の湯に戻りました。

 

 

大滝乃湯

湯畑から5分ほど歩いて大滝の湯に戻ってきました。

f:id:tetragon64:20210814161543j:plain

大滝乃湯入り口

 

【大滝乃湯基本情報】

所在地:群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13

営業時間:9:00~21:00(最終入館は20:00まで)

入場料:大人:900円、子供:400円

貸出品:セット(タオル・バスタオル)250円、湯上がり着300円

公式ホームページ:-草津温泉-大滝乃湯|トップ

 

 

f:id:tetragon64:20210814161615j:plain

大滝乃湯の正面玄関

f:id:tetragon64:20210814161650j:plain

中には湯もみの板みたいなものが置かれていた

さあお待ちかねの温泉TIME!

f:id:tetragon64:20210814161739j:plain

湯に入ります!

あああああああああああ〜〜〜〜

 

きもてぃぃぃいいいいい〜〜〜〜

 

さいくぅぅうううううう〜〜〜〜

 

草津と言ったら温泉ですよね。

朝からずっと運転して疲れている体に草津の温泉が染み渡りますね。

もうこのまま寝たい……

f:id:tetragon64:20210814162336p:plain

これがもう最高の癒しですよね。

夏休みを満喫しているって感じがします。

夏休みまでよく頑張って仕事してきたなとボロボロになった自分の体を褒めて労っている感じがします。

 

さあ風呂上がりはコーヒー牛乳!

もう我慢できなくて写真を撮る前にコーヒー牛乳は消失していました。

 

ブ ロ ガ ー 失 格

f:id:tetragon64:20210814162224j:plain

でももうこれは温泉入った後の儀式的行事だからしょうがない。

 

風呂上がりに売店を見ると、大滝乃湯サイダーが置いているではありませんか!

こういうサイダーがあったら飲むしかないんだよなぁ。

f:id:tetragon64:20210814161940j:plain

風呂上がりの一杯

いただきます!

 

うまい!!!

 

何の変哲もないただの甘いサイダーですが、夏に風呂上がりに飲む期待通りのサイダー。こんなのもう最高でしかない。

幸せ♡

 

風呂から上がったらそろそろ戻らないといけない時間になっていたので、車に乗り、志木のレンタカーの営業所に向かって出発しました。

 

 

草津から帰る

帰り道にて

車に乗り込み、草津からずっと山道を降ります。

途中に八ッ場ダムが見えました。時間があったら寄りたかったのですが、今回はスルー。

 

下道を1時間くらい走り、渋川伊香保ICから関越道に乗り込みます。

 

車の中ではとあるゲームが行われていました。

ねえ、ゲームしない?

どんなゲーム?

今765ASの曲を流しているから、イントロが聞こえたら題名を言うイントロクイズ。

いいね!でもしばらく765ASの曲聞いてないからブランクあるなぁ。

俺もブランクあるんだよなぁ。

俺は現役だから強いと思う。

 

楽曲が流れると……

www.youtube.com

「「「メリー」」」

 

www.youtube.com

「「「サニー」」」

 

www.youtube.com

「「「edeN」」」

 

全員強すぎぃ!

さすがインターネット老人会やな

 

 

上里SAで夕食

そうこうドライブを楽しんでいるうちに、休憩と夕食を食べるために上里SAに到着しました!

 

上里SAのフードコートで夕食を食べます。

ヘキサは今回神様ちゃんぽんの深谷ねぎ肉味噌ちゃんぽんを注文しました。

ちょっと変わったメニューだなぁとお思っていたのですが……

f:id:tetragon64:20210814163705j:plain

深谷ねぎ肉味噌ちゃんぽん

ね ぎ 丸 ご と

 

なんじゃこれ???

 

海鮮の出汁が出た美味しそうな白いスープの上に深谷ねぎがドドドンと1本乗っています。

 

いただきます!

 

うまい!!!

 

深谷ねぎは思った以上に甘みが強くて、そのままでも美味しいし、スープとも相性がいいですね!

もちろん海鮮ベースの白いちゃんぽんスープはあっさりとしていて、アサリなどの旨味も出ていてとても美味しいのですが、肉味噌を混ぜることで味変になって、最後まで美味しく食べることができます!

 

お腹を満たした一行は夜の関越道を安全運転で走りぬけ、レンタカーを無事に返却しました。

f:id:tetragon64:20210814163905j:plain

この旅を一緒に走り抜けたVits@上里SA

 

 

今回かかった金額

3人で割り勘した共益費

レンタカー代 8140円

旧軽井沢駐車場代 600円

高速道路代+ETCレンタル代 6370円

白糸ハイランドウェイ通行料500円

鬼押ハイウェイ通行料 280円

万座ハイウェイ通行料370

ガゾリン代 3104円

 

合計:19364円

1人6455円

 

ヘキサ個人の出費

マクドナルド朝ごはん 110円

関越道上里SA 飲み物代 154円

ちもと総本店きつねそば 858円

腸詰屋 フランク 486円

フルッティ ジェラートダブル+シャインマスカット 700円

本家ちちや温泉まんじゅうミックス12個入り 1380円

大滝の湯入浴料 900円

ローソン飲み物代 139円

上里SA 深谷ねぎ肉味噌ちゃんぽん 1180円

合計:5907円 

 

→計12362円

 

日帰りレンタカー3人だとこんなもんだろう。

 

 

レンタカーをおトクに予約する!

レンタカーの予約は楽天トラベルで行いました。

条件も絞りやすく、お得な値段で安心して借りることができます!

今すぐチェックして、おトクにレンタカーの旅を楽しみましょう!

 

 

おわりに

今回は日帰りで志木駅から軽井沢と草津にドライブした様子を紹介しました。

 

軽井沢だけでもめぐる観光地はたくさんあり、草津だけでも十分楽しめる観光地だと思いますが、それらを車でめぐることで、その道中も楽しむスポットがたくさんありました

 

日帰りだとまだまだ巡り足りない場所もあるのですが、いくつかの場所を計画的に巡ることで、より満足度の高い旅行になる、魅力あふれるコースなのではないかと思います。

日帰りで行くのももちろんいいですし、どちらかに1泊するプランでも十分楽しむことのできる場所だと思います。

 

また今回は夏に行ったのですが、夏はもちろん避暑地として過ごしやすく観光しやすいおすすめの季節ですが、季節が変わると雰囲気も変わって楽しめるのではないかとも思います。

また行きたいコースですね。

 

 

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

 

 

 

(ヘキサ)

 

 

 

今回の旅で登場したアルト氏と一緒に美味しいもの食べて風呂に入る旅を沼津・箱根ドライブを過去に行っていますので、あわせてご覧ください。

東京から日帰りドライブにオススメ!沼津でさわやかハンバーグ食べて箱根湯本の温泉に入ってみた - テトたちのにっきちょう

tetragon64.hatenablog.jp