テトたちのにっきちょう

テト・ペンタ・ヘキサの3人組によるゆるふわ系ブログ

MENU

【アルバムレビュー】Guilty Kiss待望の1stアルバム『Shooting Star Warrior』全曲聴いて感想を書いてみた【ダークさ全開】

スポンサーリンク

 あのギルキスが帰ってきた!

 

 こんにちは。テトです。

 

 今回は、ギルキス待望の1stアルバム『Shooting Star Warrior』を全曲聴いて感想を書いてみました。

 

 

待望のアルバム発表

 私はギルキスのアルバムを3年以上前から待ち続けてきました。

 

tetragon64.hatenablog.jp

 

もうギルキスアルバム出せよ(無茶ぶり)

ラブライブ!サンシャイン!! 3人組ユニットの楽曲考察 - テトたちのにっきちょう

 

 この頃は、ラブライブ!無印のトリオユニットが活動休止最後までシングル発表のみだったこともあり、ラブライブ!シリーズの派生ユニットが単体でアルバムを出す実現可能性は全く考慮していませんでした。

 ゆえに、無茶ぶりと表現したのですが、まさか無茶でもなんでもなく現実のものになってしまうとは……

 そんな待望のギルキス1stアルバム、発表直後に予約してフラゲしました。

 

 

 ジャケットもマジでイメージぴったりすぎるんよ……おさげの善子マジで可愛いんよ……

 

 それでは、全曲通して聴いてみたので、以下感想です。

 

 

全曲レビュー

Shooting Star Warrior

Shooting Star Warrior

Shooting Star Warrior

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 キターーーーーー! コレコレコレ!!! と言わんばかりのギルキス節炸裂度合。

 ヘビメタはやはり2nd『コワレヤスキ』を彷彿とさせます。

 

 ただ、それ以上に差し込まれるラップとコールが、Saint Snowを意識させます。そして、3人の歌唱力・表現力がそのイメージを飲み込んでしまおうと言わんばかりに圧倒してきます。

 特に、小原鞠莉演じるあいにゃの歌からは今までに聴いたことがないくらいの陰を感じます。怖いくらいに。

 あいきゃんもりきゃこも歌うまいはずなのに、サブボーカルに押しやってしまうくらいに感じてしまう恐怖の歌声。

 

 ギルキスの帰還に相応しい、ダークで挑発的な曲。

 

 

Deep Sea Cocoon

Deep Sea Cocoon

Deep Sea Cocoon

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 アルバムの2曲目にふさわしいダーク感あふれる新曲2曲目。

 正直、Shooting Star Warriorよりも好きかもしれない。

 

 Aメロ後半の不協和なピアノが入るところが、EpicなGrimeを感じます。そこからBメロで映画音楽のようなセンチメンタルを感じさせつつ盛り上がり、サビで哀愁のあるハーフテンポになるメタル。Cメロでメロトロン。好きな部分全部入りみたいな感じ。

 

 不気味な物語の映画のエンディングに流れていそうな曲。

 

 

Strawberry Trapper REMIX Remixed by DJ Chika a.k.a. INHERIT

Strawberry Trapper REMIX

Strawberry Trapper REMIX

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 どこかでこのリミックスが流れてたかもしれませんが、少なくとも私が聴いたのは今回が初めてです。

 なぜそう言い切れるのかというと、私がこれをもしどこかで聴いてたら絶対に覚えているはずだからです。

 

 というのも、この曲のイントロが昔自分が作った曲にめっちゃ似てるからです。

 

 
 昔DJをやっていた時に相方と一緒に作ったとある方のトラックのリミックスです。ダブだったので販売してないですが一部のベースミュージックのDJの方はもしかしたら今もかけてくださってるかもしれないです。
 
 いや~、びっくりしました。ストリングスのトレモロが聴こえてきたとき「アレッ!」って思いましたもん。サウンドがとかではなくコードの流れが、これほどまでに昔の自作曲とリンクするとは思いませんでした。それと同時に、あの時Grimeとギルキスを絡めた記事を書いた自分は間違ってなかった!と思いました。
 それほど興味のない人にとってはただのリミックスですが、自分にとっては色々な意味で忘れられないトラックになりそうだなと、そう感じました。
 
 

Strawberry Trapper

Strawberry Trapper

Strawberry Trapper

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 リミックスがいいイントロとなって原曲である1stシングルが4曲目に登場。

 アルバム4曲目は4番打者の如く重要な曲が来ることが多いですが、確かに初めてこの曲を初めて聴いた5年前のあの時のノスタルジアが気分を高揚させます

 

 

Guilty Night,  Guilty Kiss!

Guilty Night, Guilty Kiss!

Guilty Night, Guilty Kiss!

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 あの時鬼のように聴いた1stB面。

 5曲目にしてギルキスお目見えの2曲を聴けてかなりの懐かしさで鳥肌が立ちます。

 

 ただ、この曲はどう考えても5曲目じゃない。アルバムの終わりを予感させるラス2の曲順位置であるべきだ。

 

 

Guilty Eyes Fever

Guilty Eyes Fever

Guilty Eyes Fever

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 ブルーレイ特典CD1st。

 振付ではジョントラボルタばりのディスコを再現しながら、サウンドはMonstercatから出ている曲なみのゴリゴリエレクトロなのがいい。

 

 

コワレヤスキ

コワレヤスキ

コワレヤスキ

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 2nd。

 この時のギルキスは確実に尖っていた。

 

 同じヘビメタというのもありますが、1曲目『Shooting Star Warrior』を聴いたときこの曲と同じ系譜を感じてすごく安心した。

 改めて7曲目にこの曲を聴いてみて愕然としました。Aメロやサビのハードな面とBメロやCメロのエピック感の狭間に揺れ動かされて、もしかしたら今回の新曲はこの曲に勝てないかもしれないと思い始めてきた。それくらいこの曲は偉大過ぎるし、これと肩を並べるくらい『Shooting Star Warrior』も自分の心の中に浸透してほしいなと感じました。

 

 

Shadow gate to love

Shadow gate to love

Shadow gate to love

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 新曲を聴いてかなりテンションが上がっていたし、今回の焦点は確実にそちらのはずなのに、2ndの2曲を聴いてさらに鼓動が高鳴るのを感じている。なぜ???

 

 聴きすぎると飽きる法則があるはずなのに、久しく聴いていなかったからか、揺り戻しが半端ない。

 2ndの2曲はアルバムの中に連続で配置するとそれだけで異彩を放ってコンセプトを塗りたくってしまう危険があるので、離すべきです!!!

 

 

Nameless Love Song

Nameless Love Song

Nameless Love Song

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 はい、名曲。

 安心した。今回の新曲、捨て曲なし!!!

 

 タイトルからして初のバラードかなと思ってその方面での期待もしていたのですが、その期待をいい意味でぶち壊し、すっと入ってきた。

 

 聴いてる最中、口角が上がり続けてる。

 

 普段ダークな曲を歌い続けてるグループは、爽やかな曲出しただけでギャップにイチコロなんですよ。

 

 KAT-TUNでいえば『君道』みたいな立ち位置。

 LiSAでいう『ハウル』みもある。

 

 ライブの終盤で聴きたい。本当に。

 

 

New Romantic Sailors REMIX Remixed by ulala

New Romantic Sailors REMIX

New Romantic Sailors REMIX

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 ライブでも流れたリミックス。

 こちらはお馴染みのリミックスですね。

 

 

New Romantic Sailors

New Romantic Sailors

New Romantic Sailors

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 11曲目に満を持して3rdへ。

 

 これがギルキスの新曲? と全俺の中でざわつきをみせた3rd。良くも悪くも挑戦的でこれまでのギルキスとは一線を画し、コミカル要素を足した本作。

 結局、観に行ったギルキスの1stライブがこの曲やコンセプトによってうまくまとまっていたのを考えるとこの作品の方向性にも一定の意義を見出せるものの、個人的にはずっと尖っていてほしかったし、今回新曲3曲が加わったことによってますます3rdの3曲が浮いているように見えます。

 

 A面はいつも通りダークな感じで、B面にこういう遊びの入った曲を入れてそのままB面の曲名をタイトルにした1stライブを開催するってのも「なんじゃそりゃ!!」みたいな感じで攻めてて面白かったと思うんですけどね。まあ、絶対あり得ないんですが。

 

 

Love Pulsar

Love Pulsar

Love Pulsar

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 3rdの3曲はメンバー3人の色をそれぞれ入れようってコンセプトは確かに分かるんですが、善子推しとしてこの曲を聴いて「そうじゃないんだよなぁ~」と思ったのを覚えています。

 『New Romantic Sailors』のほうは「まぁ、こういうポジションの曲も必要だよね」という納得はできているのですが、この曲に関してはまだ自分の中でどういう受け入れ方をしたらいいのかわかりません。

 振付も合わせて、この曲の良さを自分が理解できる日はまだきそうにないですね……残念ながら……

 

 

Phantom Rocket Adventure

Phantom Rocket Adventure

Phantom Rocket Adventure

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 個人的には、3rdの中で一番好き。

 ファンキーだし90年代のシンセポップ感が感じられていい。3rdの中でこればっかり聴いてた記憶があります。

 

 

Guilty!? Farewell party

Guilty!? Farewell party

Guilty!? Farewell party

  • Guilty Kiss
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 ギルキスにしては明るめな曲で、『Nameless Love Song』が出るまではパフォーマンスの可愛さといいギャップを楽しめる曲という立ち位置だった。

 EDMサウンドといい陽キャ感あふれる曲を、お世辞にも陽の者とはいえない善子・梨子擁するギルキスが歌うギャップが好き。同じくエレクトロサウンドを主戦場とするAZALEAとはまた違った雰囲気が味わえるのです。

 

 この曲でアルバムはラストを締めます。

 

 

感想

 3rdの方向性が個人的にはかなり微妙で、新曲3曲を聴くのがかなり怖かったのですが、なんてことはない、あのギルキスが帰ってきました

 "陰""陽"を操り表現するギルキスが、パワーアップして帰ってきた。それだけでも本当に嬉しいのです。

 

 ですが、曲順はCYaRon!・AZALEAと共に固定。仕方なさはありますが、曲調によって曲順を変えて色を出してみるのもよかったのではないでしょうか。

 ということで、勝手に曲順を考えてみるのコーナー。

 

f:id:tetragon64:20210731171831p:plain

 

1からの2で新旧ヘビメタの対比。3を置きつつ4は外せない1stシングル曲で。5はNever ending ver.みたいなのを意識。4番打者の後はあっさりしたのが欲しい。A面最後は7で。レコードであればひっくり返すタイミングの8で再スタート感を出しつつ、9でバランスを取り、10で中だるみ。11で終盤感を醸し12でトンネルの出口が見えた感。13はReprise的な感じで活用。14が一番最後感があったのでこれで締める。

 という妄想をしてみました。

 こっちのほうがシングルの寄せ集め感から脱却できていいね。

 

 ということで、『Shooting Star Warrior』全曲聴いて感想を書いてみました。昔のギルキスに戻り、かつ進化している姿が見られて大変嬉しいです。

 ライブも当たるといいな。

 

(テト)