テトたちのにっきちょう

テトたちのにっきちょう

テト・ペンタ・ヘキサの3人組によるゆるふわ系ブログ

MENU

ウイニングポスト8 2017プレイ日記・三大始祖復興プレイPart.4~シンボリルドルフ系統確立編~

スポンサーリンク

 ヘロド系とマッチェム系の再興を勝手に目指すウイポプレイまったり企画Part.4!

 (難易度:EXPERT モードB 引き継ぎあり)

 

 

前回までのあらすじ

 サラブレッド三大始祖のヘロド系(バイアリーターク系)・マッチェム系(ゴドルフィンアラビアン系)の直系子孫を活躍させるべく競馬界に乗り込んできたホテルオハラグループの経営者・小原テト。ヘロド系の中で有望なシンボリルドルフを日本で大活躍させ、またそれらの仔も順調に活躍していった。しかし、米国からやってきた種牡馬サンデーサイレンスの産駒や、ミスプロ系をはじめとする外国産馬の席巻によって一気に窮地に立たされるのであった。彼の野望は、果たして達成されるのか……。

 

 

シンボリルドルフ系統確立!

 一時期はウチの幼駒のほとんどをシンボリルドルフ産駒が占めるほど種付けしていましたが、無事にシンボリルドルフ系統確立できました!

f:id:tetragon64:20190620074546j:plain

 やった、とにかく一安心!

 

f:id:tetragon64:20190620074629j:plain

 確立年は2000年末。途中から、シンボリルドルフはもう何もしなくてもじきに系統確立するだろうという見切り発車で種付けをトウカイテイオーや別の種牡馬に変えたりしたら予想よりも遅くなって焦りました。見切り発車はいけませんね。

 

f:id:tetragon64:20190620074952j:plain

 さて、シンボリルドルフ系の確立時の支配率や産駒の種付け料などはどうだったのか、見てみます。

 

f:id:tetragon64:20190620080108j:plain

 まず、確立の手段としては当然国内5%突破です。

 

f:id:tetragon64:20190620080224j:plain

f:id:tetragon64:20190620080228j:plain

 日本や世界の全体的な血統支配率はこちら。1994年末のときよりもマッチェム系・トウルビヨン系ともに上がっていてよかった。特に日本においてのトウルビヨン系は10%を超えていて精神衛生上大変よろしい。

 

 全シンボリルドルフ種牡馬の確立時の種付け料はこちら。

f:id:tetragon64:20190620080930j:plain

f:id:tetragon64:20190620080933j:plain

 一応、全種牡馬の詳細画像も。

 

f:id:tetragon64:20190620081108j:plain

f:id:tetragon64:20190620081112j:plain

f:id:tetragon64:20190620081116j:plain

f:id:tetragon64:20190620081121j:plain

f:id:tetragon64:20190620081125j:plain

f:id:tetragon64:20190620081132j:plain

f:id:tetragon64:20190620081138j:plain

f:id:tetragon64:20190620081143j:plain

f:id:tetragon64:20190620081149j:plain

f:id:tetragon64:20190620081154j:plain

f:id:tetragon64:20190620081159j:plain

 アイルトンシンボリトウカイテイオーなどの史実馬にだいぶ助けられている印象。ツルマルツヨシを所有しなかったのはただ忘れただけです……笑
 それでも、サバスはダート種牡馬として優秀ですし、ブルーワインはホープフルSしか勝っておらず期待もされてなかったのに毎年2歳重賞戦線に産駒を送り込んでいたりします。ここらへんは自牧場では種付けしていないけど重賞で他馬主所有馬の父として度々名前を見ますね。

 

 

f:id:tetragon64:20190620082526j:plain

f:id:tetragon64:20190620082529j:plain

 ついでに、Excelにて種牡馬の種付け料・繁殖牝馬の評価額を表にしてみました。簡素すぎですが。種牡馬については黒字が史実馬、青字が架空馬です。繁殖牝馬については全て架空馬なので名前を省略してあります。

 少なくともWP8 2017において、2000年あたりはこの値段で確立できることがわかります。シンボリルドルフの系統確立はたぶん様々な方がやられているだろうし詳細な支配率計算は省略しますが、今後のプレイでまた別の馬が系統確立した場合はやるかもしれません。ただExcelに膨大なデータを手打ちするはめになるのでたぶんやらないかな……

 

 ただ、種牡馬全体の種付け料総額とか繁殖牝馬全体の評価総額ってたぶんそんなに年によって変わらないと思うので、ここでシンボリルドルフの合計額を出すことによって今後の系統確立における一定の指標はできたのかなと思います。とりあえずこの値を目指せばいい。

 あんまり系統確立について切り詰めて考えたことがないので間違ってるかもしれませんが、そんな感じです。

 

 

メジロマックイーンボトムライン

 さて、パーソロン系からシンボリルドルフが分派した現在、パーソロン系を背負って立つ存在となったメジロマックイーンですが、14歳時点で血統表がすべて零細になっていました。

 

f:id:tetragon64:20190620084348j:plain

 これによってボトムライン配合が使いやすくなりました。あんまり意識はできていませんが。仔出しが低すぎるので、頑張っていいコを輩出して欲しいですね……

 

 

オヤマテスコ牝系出現

f:id:tetragon64:20190620084709j:plain

 自牧場でかつて繋養していた史実繁殖牝馬・オヤマテスコから生まれた牝馬が優れた繁殖牝馬として代々繋いでいっているということで、オヤマテスコ牝系が誕生しました。

 

 

鞠莉さん成長日記

f:id:tetragon64:20190620085017j:plain

f:id:tetragon64:20190620085023j:plain

f:id:tetragon64:20190620085027j:plain

f:id:tetragon64:20190620085031j:plain

f:id:tetragon64:20190620085037j:plain

「アイタタ、お父さん(39歳)年だからかついていけないよ」

言い訳は見苦しいデース!

 

 アラフォーファザーに容赦のないマリー。

 

 

次回予告

 ついに、所有架空馬が3冠達成……!?

f:id:tetragon64:20190620091614j:plain

 次回、Part.5の公開にて明らかに!

 

 これまでのウイポプレイ日記記事一覧はこちら

tetragon64.hatenablog.jp