テトたちのにっきちょう

テトたちのにっきちょう

ゆかいなズッコケ3人組

MENU

本日稼働開始!VR Senseでジョッキーを体感してみた!

 どうも、テトです!
 
 本日12月21日より稼働開始の「VR Sense」早速プレイしてきました!
 

 

 今やゲームセンター内でも度々見られるようになったVRゲーム。VRはゲーム業界に着実に広がりつつあります。
 そんなVRゲームの種類は数あれど「競馬の騎手を体感する」というものは今までなかったのです…!
 
 
 あれおかしいな今までにもなんかあったはず…たしかファイ〇ルハ〇――
 

f:id:tetragon64:20171222004548j:plain

周りからモロ見えで恥ずかしいけど恥ずかしがって一生懸命やらないと絶対に負けるアレ
 
 ファイナルハロンは私が子供のころにはもう既にゲームセンターから撤退しかけていましたし、なんなら今できるゲームセンターがあれば教えてくださいやりに行きたいです(やるのか)
 
 そんなわけで、騎手になって騎乗馬を勝利に導くゲームがゲームセンターから姿を消していた今、VR Senseの登場はまさに「奇跡の復活!」といえるべきものでしょう。
 

f:id:tetragon64:20171222004722j:plain

奇跡の復活といえばトウカイテイオーのラストラン。
 

稼働店へ

 
 UFOキャッチャーやりに今までもちょくちょく訪れてましたが、今回は5Fに移動します。
 

f:id:tetragon64:20171222005018j:plain

 ありました!VR Sense
 

f:id:tetragon64:20171222005048j:plain

 合計2台が設置されていたのですが、できるゲームの種類が分かれているようで、3種類×2台の計6種類のゲームが遊べるようになっていました。
 
 ちなみに私が遊んだほうの台はガラガラで誰もやっていなかったのですが、隣の台はおねえさん方が数名、並んでプレイされていました。並び直して連チャンでやっている感じでした。すげー。
 どうやら男性向けと女性向けで台を分けている感じですね。
 
 1PLAY800円。さあ、やるぞ!!!
 
 

Let's Play!

 PlaystationVRのヘッドギアとコントローラーを握ってプレイします。家庭用として持ってない人は多分装着に苦戦すると思われます。僕もよくわからなくて3分ぐらい「え?どうやんのこれ、え?」ってなってました。並んでる人がいなくてよかった…
 Moveもあるかと思って見まわしましたがどうやら池袋西口店にはないようです。なのでムチ操作などもボタンでした。
 
 なんとか装着して進め、チュートリアルも終えたところで、さあレースだ!というところになって急に座席が動き、足がつかなくなった
 そして突然、馬に騎乗してゲート内でスタートを待つ状態になったところで、リアルに揺れる揺れる!笑
 
 「わーやっぱゲート内でも騎手はこんな揺れるのかー!」と感激しているうちにレースが始まってしまいました笑
 
 

プレイしてみた感想

 とにかくすごかった!(語彙力)
 
 ジョッキーゲームは家庭用ゲームでしかできなかったですから、やっぱり興奮してしまいました。馬の上で揺れる感じ風で少し肌寒い感覚は、実際の騎手と近いものがあるんじゃないかと思います。いや実際に騎手になってレースしたことないけど
 と同時に、小さいころ乗馬クラブで乗馬体験していた頃の「やばい、振り落とされる!」みたいな恐怖がちょっとだけ垣間見えてよかったです(よかったとは)。乗馬体験の時のあの手綱の頼りなさとは一味違った恐怖感ですが、家庭用ゲームでは絶対に思ったことのなかった「あ、このままじゃラチに激突する!」みたいな怖さ、直線で内から追い込む時の怖さは新感覚でした。
 
 また、雨が降る中走ったレースがあるのですが、そこも演出されていました。雨が降っている感覚がうっすら感じられたのですが、水でもかけられたのかな?(愚直) 服とか濡れてなかったのでしくみがわかりませんでした。すごい。
 
 ゲームの内容自体は、どこまで明かしていいのかわかりませんが、チャンピオンジョッキーでいう"クエストチャレンジ"(1頭の馬を選び、足跡をたどるモード)と同じ要領で最大4レースできます。ちなみに誰もが4レースできるとは言っていません
 
 
 ぶっちゃけると私は2レースしか遊べませんでした(照)
 
 負け続けるとゲームオーバーとなってしまうようです。そのうえレースの感覚が今までのGⅠジョッキーとは一線を画したものになっているのではやめに感覚を掴まないと難しいと思います。まあ何回もプレイして感覚掴めってことですよねハイ
 
 
 
 
 できるか(貧乏並の感想)
 
 隣の台のときレ〇に連チャンするおねえさんみたいにできるものならしたかったよ!でも800円高い!(元も子もない)
 熱くなるとすぐお金を使ってしまうところがある私も、今回はグッとこらえました。
 でもまた来てやりたいと思います。なんか悔しいし、他にはない感覚楽しかったからです。ラーメン我慢します
 
 

さいごに

 学生身分がゲームの筐体に100円玉を8枚入れるのは少々勇気がいりましたが、考えてみればUFOキャッチャーでなかなか獲れないプライズに熱くなって連コインしたりしているのでそうでもない気がしてきました。
 ラーメン我慢すれば1Playできるので、皆さんもやってみてはいかがでしょうか(雑な誘導)
 
 最近のコーエーの出すジョッキーゲームには色々モノ申したいところもありますが、それもすべて「リアルなジョッキーゲームがしたいから」で、自分にとってそれがリアルか身をもって体感する意味でも、やってみる価値はあるんじゃないかと思います。
 1回やってみた感想として、1Play800円は絶妙ですね。何回もやりたい!という感じにはいかず、かといって「もうやらない」というわけでもない…
 勝てるようになったらもっと楽しいと思いますけど…そこまでいけるかな。
 
 と、いうわけで、以上、本日(日付変更しちゃった)稼働開始したVR Senseジョッキーを体感してみた記事でした!
 
 
 これからプレイする方に少しだけこっそり一言…追い込み馬でもスタート後は追おう!置いてかれるよ!ポツン騎乗だよ!